2011年9月3日 第28回経営哲学学会全国大会のお知らせ(北海学園大学)

| コメント(0) | トラックバック(0)

場所:北海学園大学

日程:2011年9月2日(金:理事会)・3日(土)・4日(日)

 

テーマ:「可能性の経営哲学--いまなぜ経営哲学なのかー

                                      

                           実行委員長 石嶋芳臣   

 

 

   経営哲学学会第28回全国大会が、統一テーマ『可能性の経営哲学--いまなぜ経営哲学なのかー』のもとに、2011年9月2日(金)より9月4日(日)まで北海学園大学(札幌)で開催されることになりました。

 さて、今日,混迷の度を増す社会状況に対して,我々はどんな軸を持って現実的・具体的に立ち向かうべきなのでしょうか。この問題は,単に企業経営のレベルだけではなく,今日の時代状況にふさわしい経営哲学を社会精神(エトス)のあり方との関わりから考えなければならないと思います。経営哲学そのものが一義的で明確な答えを導き出すわけではありませんが,現実の企業活動に様々な形で生起している萌芽状態の「可能性」を経営哲学という視点から見極める必要が今こそあるのではないでしょうか。このような問題意識から今回のテーマとなりました。

 統一論題セッションに先立ちまして,いまや北海道内のみならず全国的にも注目されている生活協同組合コープさっぽろより大見英明理事長をお招きして,「社会貢献とコープさっぽろの実践」というテーマでの基調講演を企画しています。ビジネスと社会貢献を見事に融合させた貴重なお話が頂けると思いますので,是非とも参加頂きたいと思います。

 続く第一セッション「いまなぜ日本企業の社会性なのかー会社社会の終焉を巡ってー」では,企業の存在意義そのものが問われている今日,九州産業大学池内秀巳先生,明治大学出見世信之先生,北海学園大学澤野雅彦先生をお招きし,日本の企業と会社社会のあり方に関連して議論を展開して頂きたいと思っております。

 次に,第二セッション「いまなぜドラッカーなのか」は,立教大学・中京大学名誉教授三戸公先生と慶應義塾大学菊澤研宗先生をお招きしております。それぞれのドラッカー像を展開して頂くとともに,実りあるフロアーとの議論が十分に出来るようご報告後の自由質疑を90分に設定しています。

 最後に,第三セッション「いまなぜ正義(論)なのか」では,横浜国立大三戸浩先生,摂南大学岩田浩先生,日本大学三井泉先生をお招きし,今日,経営における倫理・道徳・責任・自由という問題がクローズアップされるなかリーダーシップや意思決定の現場において,経営者という主体にとって「正義」とは何かという議論をそれぞれの立場から展開して頂きたいと思っています。

 さらに、今回も質問者コーナーを設けております。院生から若手,中堅の先生にまで質問者を拡大し,第一セッションと第三セッションで行います。その他,たくさんの興味深い自由論題の報告もなされます。

 以上のような内容で、大会を運営し、盛り上げていきたいと思っております。まだまだ暑さが厳しいと思われる9月。涼しい札幌での学会をお楽しみ頂けますよう,たくさんの会員の皆様のご参加をスタッフ一同,心よりお持ち申し上げております

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jamp.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/13

コメントする

最近のブログ記事

2012/7/7 沖縄部会のご案内
平成24年度 経営哲学学会 沖縄部会20…
2012/7/13-14 北海道部会のご案内(★情報更新6/18)
平成24年度 経営哲学学会 北海道部会(…
第29回 全国大会のご案内(2012/9/4-5:立教大学)
開催概要場所:立教大学日時:2012年9…